失恋をしたときこそ、出会い系サイトのセフレに会いたくなります


私が失恋を経験したのは、去年の十二月です。クリスマスシーズンといえばたぶん幸せなイベントを経験するカップルが多いと思うのですが、私の場合はまさに真逆でした。
もう二度と思いだしたくありません。
じゃあなんでこんな話をしているんでしょうか、自分でもよく分かりません。
今ではもう新しい相手を見つけたということもあるでしょうし、きっと失恋した経験を誰かに話して楽になりたいという思いもあるのだと思います。

なんとなくですが、失恋をするといえば男性が女性にふられるパターンが多いと思いませんか。
私もなんとなくそう思っていました、ドラマや映画などを見ていると、男性が女性にふられてしまうシーンのほうがなんとなく多いからでしょうか。
実際には、男性からふられてしまう女性だってたくさんいるはずなのに、私は本当に自分が振られてしまうまでそういうことを意識できなかったんです。
彼のことは大好きでしたし(今でも正直、かなり未練があるくらいです)まさか私が振られるわけがないだろうというふうに油断していました。

クリスマスに関しては、二人でいろいろと話し合って、だいたい一か月以上も前からデートの約束をしていたんです。
私は彼に渡すプレゼントをちゃんと用意しましたし(かなり奮発していました)彼もきっと私に何かプレゼントをくれるのだろうと期待していたのです。
今までのクリスマスがずっとそんな感じだったからです。
まさか去年のクリスマスだけがあんなに寂しいものになってしまうだなんて思ってもいませんでした。

クリスマスの当日、彼はいきなり別れを切り出すということをしませんでした。
私に気を遣っていたのでしょうか……どうせふられてしまうんだったら早く言われた方が楽なのにと今更思う一方で、それでもやっぱり、会った瞬間にふられていたら相当ショックだったろうなと思うのです。
彼はきっと私と別れることをずいぶん前から決めていたのだろうと思いますが、なかなか言い出せなかったのでしょう。
それで結局クリスマスに分かれることになってしまったのでしょう。
彼の性格だったらそんな感じだろうなとなんとなくわかります。

ふられてからしばらくは食事がのどを通りませんでした。
それどころか一日中何をする気も起きなくて寝てばかりいたような気がします。
むちゃくちゃ寂しいんだけどどうしたらいいのかわからないんです。
新しい出会いを求めるにしても、またふられてしまうことが怖くて結局は何もできないんです。
出会い系サイトを利用して出会いを求めるのは誰にだって簡単だといいますが、わたしには簡単なことではありませんでした。
ふられた元カノと知り合ったのも出会い系サイトがきっかけでしたし、同じように出会い系サイトを利用して出会いを求めてもまたおんなじようにふられてしまうだけではないか、などと考えるととても怖かったのです。

転機になったのは、セフレとの出会いでした。
怒られるかもしれませんが、私はいわゆるキャッシュバッカーとして、本気で出会いを求めるつもりもないのに、ただなんとなく出会い系サイトを利用して、いろいろな男性とメールのやり取りをしていたのです。
キャッシュバッカーに対する男性からの不満は、ネットの世界ではよく見ます。
実際に自分がキャッシュバッカーになってしまうまでは、真剣に出会いを求める気のない女性と知り合って、時間をムダにさせられる男性がかわいそうだなって思っていたんです。

でも今では私と同じようにキャッシュバッカーを経験する女性の気持ちがよく分かります。
出会い系サイトを利用している女性の中にたくさんいるキャッシュバッカーには、私と同じように失恋したショックからなかなか立ち直れずにいる女性というのもある程度はたくさんいるはずなのです。

でもキャッシュバッカーは、なんだかんだ言っても悪徳な出会い系サイトにいるサクラとは全く違う存在なので、全く出会いが実現できないというわけではないのですよ。
わたしが言うのもおかしいかもしれませんが、要は相手の女性をその気にさせることができれば、相手がキャッシュバッカー出会ってもちゃんと出会いを成立させられる可能性があるのです。

私をその気にさせた男性は、いわゆるセフレ候補でした。
失恋をしてから真剣に出会いを求める気力をなくしていた私にとっては、セフレという特殊な男女関係がちょうどよかったのです。
相手に送ってもらった顔写真を見て、なんとなく前の彼氏と雰囲気が似ているというのも、そのセフレとお付き合いしてみようというきっかけになったと思います。
失恋をして新しく恋を始めようという時には、前の彼氏のことなんてきれいさっぱり忘れてしまいたいと考える人も多いと思いますが、私の場合は実はそうではなかったんです。
元カレのことが大好きで、いまでも忘れられないという気持ちが強いからこそ、新しく知り合ったセフレの男性も、元カレになんとなく雰囲気が似ているからこそ惹かれたのだと思います。

失恋したときこそ、真剣な恋愛ではなくて寂しさを紛らわせるためのセフレとの出会いを実現させたいという人は多いですが、そういうふうに考える人の気持ちが、私にはよく分かります。私自身がそうだからです。

優良出会い系については、カカオトークとはの記事で詳しく解説しています!