セフレとの出会いを求めるということ


セフレとの出会いを求めるということは、現状に満足できていないということなのでしょうか。たまにそういうことを考えます。若いころには、まさか私が結婚して、さらに三十も手前になってからセフレとの出会いを求めるようになるなんて、全く想像さえできませんでした。
おまけに、若いころの自分だったら、たぶんセフレとの出会いとかそういうものに対して、激しい嫌悪感を持ったと思うのですが、セフレとの出会いを自分に求めるようになってからは、嫌悪感よりも欲求不満のほうを強く感じるようになりました。
つまり、ちょっとでもセックスできない日が長く続くと、それだけでもう体が男の体を欲しがるのです。
自分ではどうしようもないことです。

私は、自分でいうのもなんですが、容姿にはそれなりの自信を持っています。
そのせいかどうかはわかりませんが、男性とお付き合いして結婚するところまでは、あんまり苦労しませんでした。
同姓からねたまれたこともあったように思います。
でも私は、あまり同姓にどう思われようと気にするタイプではありません。
そもそも、人の目を気にしすぎるとうまく生きていくことが難しいと考えていました。
とにかく、幸せになりたくて、自分にとって、幸せになるために必要なものっていったい何だろうということを、いろいろと考えました。

私は、人と違って何か個性を持っているわけでもなければ、秀でた才能があったわけでもありません。
それが自分で分かっていたからこそ、やっぱり自分が幸せになるための一番の方法は、好きな人と結婚することだろうというふうに考えていました。
私はその好きな人、という存在にものすごくこだわりました。
高望みをしまくったんです、恋愛に関する考え方は人それぞれ違って当然だと思いますが、私は特に、出会いをあせっているわけではなかったので、いついつまでに絶対結婚しようとか、そういうふうに考えたことはありません。

自分の仕事もそれなりに好きでしたし、現状には大きな不満もなく、焦って結婚して後で後悔するくらいだったら、少しくらい高望みしてでも思いっきり悩みながら相手を選ぼうと思ったんです。

けっきょく私は、とある男性と結婚しました。
今の時代はとにかく出会いがないといいます。
結婚や子育てを希望している人がそもそも減っていて、さらに、結婚をすれば幸せになれるという価値観が当たり前ではなくなっていることもあって、出会いを求めること自体が難しくなっているのです。
それは十分に分かっていました。
私の周りにも、結婚や子育てをもちろんしたいんだけれど、なかなかチャンスがないというふうに嘆いている人が大勢いました。

そして、反感を買いたくはないのですが、そんな状況でも私はそれほど苦労せずに結婚相手を見つけることができました。
それなりに高望みしたにもかかわらず、私の高い理想を実現するような男性と本当に出会うことができたのです。
いやな女だと思われるでしょうが、やはり私の場合は容姿でちょっとくらい得をしたのかなと思います。
人の価値は見た目だけでは絶対に決まらないとわかっていますが、それでもやっぱり、見た目が相手に与える印象って大きいのではないかなと思います。

それで、結婚した私が幸せになれたのかというと、必ずしもそうではないような気がします。
現に今の私は、ちょくちょく出会い系サイトを利用しては、セフレとの出会いを求めているのです。
最初のうちは、そういう行為をすることについて、旦那にも罪悪感を感じていたのですが、いまではそういう感情さえなくなって、日々の憂さ晴らしをするためだったら、出会い系サイトを利用してセフレとの出会いを求めることくらいだったら十分に許容範囲であると考えるようになったのです。

日々の憂さ晴らしが必要なのは誰だって同じだろうと思います。
人生が幸せな出来事ばかりではないというのは、もうみんなわかっていて、わざわざここで書く必要もないことです。

でも、結婚している女が出会い系サイトを利用してセフレとの出会いを求めるということはつまり、現在の生活に満足ができていないということの中でも、やはり性生活(つまり夫婦の営みについて)満足できていないということでしょうか。
それは本当に致命的なことだと思うのです。

すくなくとも、結婚する前に私がなんとなく持っていた、恋人同士のイメージというのは、体の相性が良いか悪いかというのは非常に重要で、これがうまくいかなかったら夫婦の関係もうまくいかないだろうというイメージがありました。
そしてそれは結婚している今も変わらないことです。

でも、私たち夫婦の関係が、セックスの相性だけが原因で冷え切っているのかといえば、必ずしもそれだけが原因ではないように思われるのです。
これも世間的にはよく言われることで、私たち夫婦には他人事だと思っていたのですが(若い夫婦はたいてい同じようなことを思うみたいですね)愛し合って結婚した者同士であっても、結婚後にそれまではわからなかったお互いの欠点が明らかになったりして、夫婦の関係がうまくいかなくなるという例はよくあるみたいですね。

私たちの場合もそうでした、といっても、相手に対して不満を持っているのが私だけで、旦那のほうは特に何も思っていないという可能性はもちろんあるんですけど。
でも、私がそもそも旦那に対して不満を感じ始めたのは、旦那が浮気をしているのではないかという疑いですので、旦那のほうも結局は私に不満を持っていたのでしょう。

直接的に旦那を追求することはしなかったのですが、私が旦那の浮気を疑い始めてから、旦那の態度もなんだかよそよそしく感じられるようになって、そんなんですから当然夫婦の営みというものもなくなります。
欲求不満を感じているのはお互いさまでしょうが、私はとにかく出会い系サイトを利用してセフレとの出会いを求めることにしました。
今の時代は出会い系サイトというものがあるので、欲求不満の解消が割と簡単にできてしまうんですね。

ALLジャンルの出会いが期待できる最新アプリ情報→出会いアプリ 人妻