人妻たちも出会いたいと思っている

不倫サイトには、様々なトラブルがあると言います。出会い系サイトでは、今結構簡単に既婚者・人妻と出会うことが出来るかもしれませんが、私達は、だからこそそれなり用心をしなければなりません。

出会い系サイトで既婚者と出会うことが出来る

出会い系サイトで、結婚してない人たちと出会うというのなら、何も問題はいなのです。そのような人たちが、出会い系サイトで知り合って結婚するというケースもあり、日本にしっかり貢献をしてくれているのではないでしょうか。しかし、貢献という意味では、不倫ほど悪害はありませんし、日本は、段々とそのようなものは断ち切ってしまいましょうかという見地に立っているようです。不倫を文化と誰かが言ったようですが、そのような存在として認められることはなかったようです。そんなものを文化として認めてしまえば、私達は、散々トラブルに見舞われる可能性も一杯秘めてしまうことになりますし。

不倫は魅力も一杯存在しているのかもしれませんが、厄介事もいろいろ抱えて、ならば、一体どっちを選択すれば良いかということです。それでも、不倫に魅力を感じている人たちもいらっしゃるでしょうし。そのような人たちが今頃こんなはずではなかったという思いをしているかもしれません。 不倫して最悪のパターンとは、結婚している相手にばれてしまったということ以外何物でもありません。しかし、そのようなハラハラドキドキのサスペンスが存在しているから、不倫って魅力的なのも事実です。そして、既婚者がいても、制御が効かなくなってしまうことって結構あると思うのです。

両者が既婚者

不倫サイトで、そのようなトラブルを出来るだけ回避したいというのなら、お互いに既婚者というケースが一番良いでしょうね。相手が独身なら、結婚を考えて迫ってくるかもしれませんし、そのようなリスクを回避することが出来ますし、既婚者は相手もばれることを恐れているので、一線を越える行為をするはずはありません。お互いがお互いのプライバシーをしっかり守って、不倫というプレイを続けることが出来ます。 私達が一番に考えるべきことは、やっぱり安全のことなのでです。

出会い系サイトで、不倫相手を探すことが出来ますが、出来るだけ効率よく出会いをしたいですし、セックスフレンドを希望している既婚者が一杯いる出会い系サイトを利用したいものです。

ラブは人妻専門サイトということではありませんが、既婚者の女性の登録がとても多いと言われています。既婚者だから、真剣な深入りをせず、セックスフレンドという関係を成り立たせることが出来るのです。そのような言い方をすれば、未婚という場合の方が無駄なお金を一杯使ってしまうことになりますし。無料登録で是非既婚者とのセフレ体験をしてみましょう。

愛カツという出会い系サイト

愛カツという出会い系サイトも結構利用が出来ます。人妻出会い系サイト、それが不倫サイトです。健全運営でかなり評判の良いようですよ。人妻会員獲得のためにいろいろと企業努力をしているようで、男性と女性の比率も良いと言われています。その出会い系サイトを利用しようというものの、女性会員がそれほど居ないという出会い系サイトもあるかもしれません。サクラを投入してまかなっているのかもしれませんが、一人芝居をしているようで本当にはたから見て気持ちがいいことではありません。

でも、主婦のみなさんだって、結構時間をもてあましているものなのです。そのような出会い系サイトの存在を知れば、ちょっと出会ってみたい欲求って生まれてくるものではないでしょうか。

続きを読む

人妻とセックスフレンドの関係がいい!やっぱり不倫サイトか

私達は、セックスフレンドを求めています。男性は、インターネットで現在、出会い系サイトなど利用して、セックスフレンドを求めているモチベーションに積極的です。しかし、本当に出会い系サイトでセックスフレンドなんて簡単に見つけることができるものでしょうか。出会い系サイトでは、サクラが満載です。サクラがなぜ出会い系サイトに多いのかと言えば、女性が出会い系サイトを利用する率が低くて男性と女性の維持率を維持するためにサクラを利用しています。

女性は、そもそも出会い系サイトなんて必要なと思っているのかもしれませんし、男性がセックスフレンドを求めているものの、援助交際を求めているかもしれません。男性にとってセックスフレンドとは、お金を一番安くあげる方法ですが、女性の人たちが何もセックスフレンドを求める必要ってあるでしょうか。

恋人同士の関係になれば、食事、ホテル代など全部おごってもらうことができるというのに、セックスフレンドの関係のため、自分で割り勘で食事代を支払いしなければなりません。恋人同士の関係がウザイというものの、飽きれば関係をすぐに断ち切れば済む問題であり、女性にとって、メリットはセックスフレンドではなく恋人同士の関係か、援助交際です。

不倫サイトをのぞく

ならば、やっぱり不倫サイトです。しかし不倫サイトではサクラでなく、本当の人妻と出会うことができるというのでしょうか。人妻は特にマンネリ化した生活を打破したいと考えていたりします。しかし、理性をもって家庭に閉じこもり、家庭の幸せを築くことを義務としてとらえようとしていたのです。しかし、今、スマホで、不倫サイトなどあることを知れば、やっぱり家庭の中に籠もるのではなくどうしても外へ飛びして、再び若い頃の自分を取り戻したいモチベーションが作られます。

ここで人妻は、出会い系サイトを利用してもいい訳ですが。やっぱり、出会い系サイトって、女性から信用されないようです。人妻から見れば、出会い系サイトは、男性がどのような男性か不安で利用できないと言います。出会い系サイトでも男性はセックスフレンドを求めているから、人妻もその男性を受け入れていいとは思うものの、安易に実際に不倫などできない認識はまだまだ持っているものです。

女性は、不倫をして、かつ幸せな家庭を運営し続けていかなければなりません。

不倫サイトだから安心できる?

不倫サイトだから絶対に安心ということではありませんが、不倫サイトで、既婚者と出会うことが出来れば、お互いに秘密を持っているから、しっかりルールを守ることが出来ます。独身の男性と出会っても、それができるというものの、もっと深入りしたいモチベーションで、家庭に旦那のいる時間に電話をかけてしまったりということがあるようです。不倫サイトではしっかりルールがあり、ルールは守られていかなければなりません。しかし、安易にルールが破られないようにお互いが同じ条件であることが必要ではないでしょうか。

男性にとって、ちょっとレベルの高いセックスフレンドの相手が人妻ということになります。人妻は他人の妻であり、本当なら手の届かない存在です。本当なら手が届かないから、どうにかしてセックスをしたい欲求にもかられる存在です。そんな人妻こそ、セックスフレンドとして妥当ではありませんか。お互いにルールを持っているからこそ、深入りもせず、すぐに切り離すこともできます。しかし火がつき消えないこともあるかもしれませんが。

続きを読む

私を裏切った旦那に復讐してやりたかったんです

もともと出会い系サイトというものを嫌っていた私が、結婚して十五年もたってから出会い系サイトを利用し始めた理由は一つしかありません。私を裏切った旦那に復讐してやりたかったというだけの話です。

以前から疑ってはいたのですが、旦那が出会い系サイトを利用して不倫をしていたということが明らかになりました。
証拠も見つかり、本人も認めたので間違いはないのですが、私の気持ちとしては「証拠なんて見つからなければいいのに」という思いがやっぱり強かったですね。
疑いがどれだけ強くなっても、やはり旦那は不倫なんかしていないということを信じ続けていたかったです。
旦那が私を裏切って援助交際をしているということは、単純に旦那が私のことを裏切ったということだけが問題になるのではなくて、私が女としての魅力を失ったから、旦那が私に対する興味をなくして他の女(私よりもっと若い女)との関係を持ったということも非常に大きな問題なのです。

自分が持っているはずの女としての魅力が認めてもらえないということが、まさかこれだけ悔しいことなのか、旦那に裏切られたことで始めて思い知りました。
くどいようですが、旦那が私を裏切ったということはつまり、わたしでは満足できなかったということでしょう。
旦那からそのようにみなされたという事実が、何よりも悔しいのです。

私は旦那に復讐してやろうと思いました。
旦那も、浮気が発覚したからといって私と離婚するつもりはなかったようで、浮気が発覚したとたんに泣いて謝ってきました。
旦那が私に対して頭を下げるということは珍しいことです。
しかし浮気をされたことについて、誤ってきたからといってそれだけで許せるほど私は穏やかではありませんでした。

だから旦那に復讐するために逆援助をしてやろうと思ったんです。
逆援助について説明する必要はないかもしれませんが、あえて説明すれば、これは多くの人に知られているであろう「援助交際」とは逆の男女関係です。
援助交際においては、出会い系サイトを利用して知り合った女性に対して男性がお金を払うことで成立するわけですが、逆援助はその逆なので、女性が男性に対してお金を払うことで関係が成立します。

私は旦那が稼いだお金で男に貢ぎ、私にとっての理想に限りなく近い男とのお付き合いを求めようと思いました。
もともと出会い系サイトの世界では女性のほうが立場が上だといわれますし、逆援助をするうえでお金を払うのは私なので、関係を持つ男性に対して(支払う金額にもよるでしょうが)どんなわがままな要求でも突き付けられます。

旦那には絶対要求できないような願望も、不倫相手には要求できてしまうのです。
わざわざ男性に対してお金を払ってお付き合いを求める意義は、そこにあるのだと私は思います。
男に貢いでいるのは全て旦那が稼いだお金なので、私は痛くもかゆくもありません。
むしろ痛快な気分です。
わたしはもう、旦那がいくら誤ってきても許すつもりはないので、逆援助交際というものにのめりこんでしまったいじょう、こういう関係をやめるつもりは今のところありません。
ひょっとすると旦那が我慢の限界に達して、離婚を申し出てくるかもしれませんが、それでもいいと思っています。
もともと私の怒りの原因が旦那にあることは、旦那自信もよく分かっているはずなので、もしも離婚を切り出して来たら、たっぷり慰謝料をとってやろうと思っています。
私を裏切った旦那を徹底的に痛めつけてやりたいのです。

あわせて読みたい関連記事一覧→浮気や不倫、割り切り出会いとは

続きを読む

不幸せな結婚生活を続けるよりは、刺激的な不倫で燃えたい

不幸せな結婚生活を続けるよりは、刺激的な不倫で燃えたい。私はこのように考えて不倫サイトを利用し始めました。出会い系サイトというのは本当に便利なサイトで、得に優良なサイトだったら男女ともに会員数が多く、その比率も安定しているので(サイトによっては、実は女性の会員数のほうが多いところもあるくらいです)おそらくどんな出会い系サイトユーザーにとっても、それぞれが望むような出会いのチャンスがあるはずです。

もちろん、不倫だって出会い系サイトを利用すれば可能です。
不倫が世間的に褒められた行為ではないことくらいわかっていましたし、若いころの私は、不倫とかそういうものを毛嫌いしていました。
私は何があっても絶対に、たった一人の運命の人と出会って結婚し、その人と一生を添い遂げるのだというふうに決めていました。

私だけではなく、女性なら(特に若い女性だったら)たいていはそのように考えると思います。
不倫なんて「不潔」という一言で一蹴してしまう感じですよね。

まさか私が結婚してから不倫を経験するだなんて、昔の自分(特に高校生の頃の自分が知ったらなんというでしょうか。
自分に絶望してしまい、たえきれなるのではないでしょうか。
でも、私は結構ナルシストなところがあり、結局は自分が大好き、自分が決めたことだったらすべてが正しいと思い込む節があるので、未来の自分が不倫をするとわかったらそれはそれで納得するのかもしれません。

こんなことを考えても意味がないのです。
私はすでに出会い系サイトを利用して不倫したわけですから。
それも、最初の頃は本のお遊び程度という気分で、ちょっと憂さ晴らしをして気がすんだらすぐにでも出会い系サイトをやめて、もう二度と利用しないつもりでした。

でも、個人的な性格の問題もあるのでしょうが、出会い系サイトというものをいったん利用し始めると、本当にどっぷりつかってしまって、抜け出せなくなったのです。
私は結婚して旦那がいる身分ですが、彼との関係はあまりうまくいっていません。
あまりうまくいっていないというより、完全に冷え切っていると表現したほうが正しいくらいです。

不倫にはいろいろなパターンがあります。
男女のカップルがともに幸せを感じていて、経済的にも心の面でも十分に満たされているのに、どうしても人生に間がさすというか、人生に更なる刺激を求めて不倫してしまうというパターン。

この場合、男女ともに離婚の意思がないことがほとんどです。
十分に現状に満足しているけれども、それでもさらに上に刺激を求めて火遊びしてしまうというわけですから、まさしくこれは人間特有の問題といえるでしょう。
いったん贅沢をし始めると、以前の刺激がない生活では満足ができなくなってしまうのです。
これではいけない、旦那のことは(妻のことは)愛しているけど、どうしても刺激がほしいと思ってしまうと、その罪悪感すらも快楽のもとになってしまうのです。
不倫には、夫婦関係を改善する作用があるという人までいる世の中ですが、そう主張する人たちの考えはつまり、不倫をすることで発生した罪悪感により、男性であれ女性であれ、自分が本来関係を持っているパートナーと性行為をする際など、不倫をする以前よりもずっとやさしくできるようになるからだということです。

機嫌を取っておくという言い方はちょっとおかしいかもしれませんが、でも、身もふたもない言い方をするならつまりはそういうことです。
自分が不倫をしてしまったという罪悪感があるから、パートナーにはこれまで以上に優しくしておこうという心理が働くのです。

また、幸せな結婚生活を送っているけれども、どうしても不倫を続けてしまう、やめられないということで悩む男女の背景には、例えば出会い系サイトを利用して知り合った不倫相手には、本来のパートナーには要求できないような火遊びを要求できるからどうしても続けてしまうというような動機もあるようです。

特殊な性癖を持っていて、そのことを自分のパートナーには打ち明けられずに困っている人などは特に、その性癖を理解しあえるセフレや不倫相手を探して、定期的に欲求不満を解消することでストレスをなくしているようです。

特に、性的な欲求は本能的なものなので、いくら頑張って我慢し続けようとしても必ず限界が有るものなのです。
だから、例えば極端なSM趣味や両刀使いという性癖を抱えている人は、そのことを妻や旦那には打ち明けることができず、その趣味を理解しあえる同士をネット上で探すという流れです。

冗談ではなく、結婚してからもずっと隠していた性癖がばれてしまったがために、夫婦の関係がダメになってしまったという話は聞きます。
残念ながら、人間という生き物は、自分と考え方や価値観が異なる他者を完全に受け入れることはできないのです。

そういう「やむに已まれぬ事情」があって不倫をしてしまう夫婦のことは何となく理解できます。
でも私が出会い系サイトを利用し始めた動機はもっと生々しいというか、単純に旦那に対して嫌気がさしたからなのです。
夫が隠しているという場合を別にして、私たち夫婦には特殊な性癖などはありません。
そういうことが原因で夫婦の関係にひびが入ったわけではないのです。」

ただ、結婚前にはわからなかった夫の欠点が、結婚後まもなくの頃から少しずつ明らかになって、最初はお互いのためを思って我慢してきたことが、だんだんと我慢できなくなったという流れです。
特に年配の方であれば、私のことを「こらえ性のない嫁」などといって非難するかもしれません。
そのように非難されても仕方がないというふうに考えています。

でも、不幸せな結婚生活を続けるのはこれが限界だと思ったのです。
出会い系サイトを利用する目当ては人それぞれ違いますが、私の場合は初めから、欲求不満を解消するための火遊びしか考えていませんでした。
つまりはふりんですね、そして一通り遊んで気がすんだら、また元の生活に戻って、経済的な事情もあるからこそ、我慢しながら旦那と生活していこうというふうに考えていたのです。

自分自身のことを甘く見ていたというか、そんな風に上手に気持ちの切り替えができる女だと、自分では考えていたのです。
しかしそれはとんでもない勘違いでした。
一度、不倫という劇薬を手に入れてしまうと、その快楽に溺れてしまい、もう抜け出せなくなりました。

結局、私にとって性的な生活の基本は、出会い系サイトを通じて知り合った不倫相手が中心ということになりました。
今の旦那とは正直「離婚したい」と強く願っていますし、このまま不幸せな結婚生活をずっと続けていくぐらいだったら、本当にそのうち離婚してもいいかなと思うくらいですが、両親の目などもあって本当に面倒なので、今のところはまだ離婚していません。

ただ、旦那のことはもう愛していないというか、男性としてもう何とも思っていませんので、当然のことながらセックスレスです。
知ったことではありません、どうせ私が相手をしなくたって、適当に外で女でも捕まえて欲求不満を解消しているのでしょう。

続きを読む