出会い系アプリってそもそも出逢えるの?

出会アプリで、本当に出会いを実現させたいのであれば、出会アプリに関する基礎的な知識も少しは把握しておく必要があるでしょう。これまで利用をして、成果を挙げている方であれば、実感もしているでしょうが、ここでは初心者の方向けに、根本である出会アプリを使って本当に出会うことが出来るのかについて紹介していきましょう。

出会うには条件を満たす必要がある

出会アプリを使えば、誰でも異性と巡り会える。これは半分は本当ですが、半分は嘘です。なぜ半分が嘘かというと、どんなサイトでも出会アプリと名がつくものを利用すれば、出会いが実現出来るわけではないからです。出会いを実現させるためには、ある条件を満たす必要があるのです。それは優良サイトに登録をすること。

そして、最低限のメール術を身につけておくことが重要です。この二つの条件を満たすことが出来れば、50:50だった先ほどの確率が、限りなく100に近づくのです。

確実に出会いを求めている男女は多い

近年では絶食系男子などの登場が問題になっていますね。ですから、確実に出会いを求めている女性は多いのです。こういった環境の女性は、もはや身近ではなく、外の世界に出会いを求めるわけです。そうなると、頼るべきは出会い系になるのですから、出会いは確実に存在しているのです。

最も厄介な存在とは?

出会アプリで、一番邪魔な存在ってなんだと思いますか。サクラでしょうか。しかしながら、優良サイトのほとんどは、サクラは存在しません。その代わりに存在しているのが、業者というものです。サクラと業者は明確に違っています。

サクラと業者の違いとは?

サクラはそのサイトを運営している会社が、サイトを盛り上げる、もしくは売上をあげるために雇っている男女のことです。さも出会いを求めているように見せかけ、結局は、出会い気などはサラサラなく、利用料だけを巻き上げるために、色々なアプローチを行ってきます。

しかしながら、業者の場合には、運営者とは全く関係ありません。風俗だったり、個人情報を集め、販売しようという目論見があったり、自分達が運営している悪徳サイトへと誘導しようとする最悪の輩です。ある意味でサクラよりも厄介な存在がこの業者という存在なのです。

業者の駆逐は不可能

いくら優良な出会アプリだからといっても、全てのユーザーのやり取りをチェックすることは出来ません。ですから、業者の存在を皆無にすることは出来ないのです。ですから、援デリ業者や美人局、誘導、個人情報収集業者の特徴を把握し、絶対に返信をしないように気をつけましょう。

会えると評判のおすすめ出会アプリはコチラ

続きを読む

失恋をしたときこそ、出会い系サイトのセフレに会いたくなります

私が失恋を経験したのは、去年の十二月です。クリスマスシーズンといえばたぶん幸せなイベントを経験するカップルが多いと思うのですが、私の場合はまさに真逆でした。
もう二度と思いだしたくありません。
じゃあなんでこんな話をしているんでしょうか、自分でもよく分かりません。
今ではもう新しい相手を見つけたということもあるでしょうし、きっと失恋した経験を誰かに話して楽になりたいという思いもあるのだと思います。

なんとなくですが、失恋をするといえば男性が女性にふられるパターンが多いと思いませんか。
私もなんとなくそう思っていました、ドラマや映画などを見ていると、男性が女性にふられてしまうシーンのほうがなんとなく多いからでしょうか。
実際には、男性からふられてしまう女性だってたくさんいるはずなのに、私は本当に自分が振られてしまうまでそういうことを意識できなかったんです。
彼のことは大好きでしたし(今でも正直、かなり未練があるくらいです)まさか私が振られるわけがないだろうというふうに油断していました。

クリスマスに関しては、二人でいろいろと話し合って、だいたい一か月以上も前からデートの約束をしていたんです。
私は彼に渡すプレゼントをちゃんと用意しましたし(かなり奮発していました)彼もきっと私に何かプレゼントをくれるのだろうと期待していたのです。
今までのクリスマスがずっとそんな感じだったからです。
まさか去年のクリスマスだけがあんなに寂しいものになってしまうだなんて思ってもいませんでした。

クリスマスの当日、彼はいきなり別れを切り出すということをしませんでした。
私に気を遣っていたのでしょうか……どうせふられてしまうんだったら早く言われた方が楽なのにと今更思う一方で、それでもやっぱり、会った瞬間にふられていたら相当ショックだったろうなと思うのです。
彼はきっと私と別れることをずいぶん前から決めていたのだろうと思いますが、なかなか言い出せなかったのでしょう。
それで結局クリスマスに分かれることになってしまったのでしょう。
彼の性格だったらそんな感じだろうなとなんとなくわかります。

ふられてからしばらくは食事がのどを通りませんでした。
それどころか一日中何をする気も起きなくて寝てばかりいたような気がします。
むちゃくちゃ寂しいんだけどどうしたらいいのかわからないんです。
新しい出会いを求めるにしても、またふられてしまうことが怖くて結局は何もできないんです。
出会い系サイトを利用して出会いを求めるのは誰にだって簡単だといいますが、わたしには簡単なことではありませんでした。
ふられた元カノと知り合ったのも出会い系サイトがきっかけでしたし、同じように出会い系サイトを利用して出会いを求めてもまたおんなじようにふられてしまうだけではないか、などと考えるととても怖かったのです。

転機になったのは、セフレとの出会いでした。
怒られるかもしれませんが、私はいわゆるキャッシュバッカーとして、本気で出会いを求めるつもりもないのに、ただなんとなく出会い系サイトを利用して、いろいろな男性とメールのやり取りをしていたのです。
キャッシュバッカーに対する男性からの不満は、ネットの世界ではよく見ます。
実際に自分がキャッシュバッカーになってしまうまでは、真剣に出会いを求める気のない女性と知り合って、時間をムダにさせられる男性がかわいそうだなって思っていたんです。

でも今では私と同じようにキャッシュバッカーを経験する女性の気持ちがよく分かります。
出会い系サイトを利用している女性の中にたくさんいるキャッシュバッカーには、私と同じように失恋したショックからなかなか立ち直れずにいる女性というのもある程度はたくさんいるはずなのです。

でもキャッシュバッカーは、なんだかんだ言っても悪徳な出会い系サイトにいるサクラとは全く違う存在なので、全く出会いが実現できないというわけではないのですよ。
わたしが言うのもおかしいかもしれませんが、要は相手の女性をその気にさせることができれば、相手がキャッシュバッカー出会ってもちゃんと出会いを成立させられる可能性があるのです。

私をその気にさせた男性は、いわゆるセフレ候補でした。
失恋をしてから真剣に出会いを求める気力をなくしていた私にとっては、セフレという特殊な男女関係がちょうどよかったのです。
相手に送ってもらった顔写真を見て、なんとなく前の彼氏と雰囲気が似ているというのも、そのセフレとお付き合いしてみようというきっかけになったと思います。
失恋をして新しく恋を始めようという時には、前の彼氏のことなんてきれいさっぱり忘れてしまいたいと考える人も多いと思いますが、私の場合は実はそうではなかったんです。
元カレのことが大好きで、いまでも忘れられないという気持ちが強いからこそ、新しく知り合ったセフレの男性も、元カレになんとなく雰囲気が似ているからこそ惹かれたのだと思います。

失恋したときこそ、真剣な恋愛ではなくて寂しさを紛らわせるためのセフレとの出会いを実現させたいという人は多いですが、そういうふうに考える人の気持ちが、私にはよく分かります。私自身がそうだからです。

優良出会い系については、カカオトークとはの記事で詳しく解説しています!

続きを読む

私を裏切った旦那に復讐してやりたかったんです

もともと出会い系サイトというものを嫌っていた私が、結婚して十五年もたってから出会い系サイトを利用し始めた理由は一つしかありません。私を裏切った旦那に復讐してやりたかったというだけの話です。

以前から疑ってはいたのですが、旦那が出会い系サイトを利用して不倫をしていたということが明らかになりました。
証拠も見つかり、本人も認めたので間違いはないのですが、私の気持ちとしては「証拠なんて見つからなければいいのに」という思いがやっぱり強かったですね。
疑いがどれだけ強くなっても、やはり旦那は不倫なんかしていないということを信じ続けていたかったです。
旦那が私を裏切って援助交際をしているということは、単純に旦那が私のことを裏切ったということだけが問題になるのではなくて、私が女としての魅力を失ったから、旦那が私に対する興味をなくして他の女(私よりもっと若い女)との関係を持ったということも非常に大きな問題なのです。

自分が持っているはずの女としての魅力が認めてもらえないということが、まさかこれだけ悔しいことなのか、旦那に裏切られたことで始めて思い知りました。
くどいようですが、旦那が私を裏切ったということはつまり、わたしでは満足できなかったということでしょう。
旦那からそのようにみなされたという事実が、何よりも悔しいのです。

私は旦那に復讐してやろうと思いました。
旦那も、浮気が発覚したからといって私と離婚するつもりはなかったようで、浮気が発覚したとたんに泣いて謝ってきました。
旦那が私に対して頭を下げるということは珍しいことです。
しかし浮気をされたことについて、誤ってきたからといってそれだけで許せるほど私は穏やかではありませんでした。

だから旦那に復讐するために逆援助をしてやろうと思ったんです。
逆援助について説明する必要はないかもしれませんが、あえて説明すれば、これは多くの人に知られているであろう「援助交際」とは逆の男女関係です。
援助交際においては、出会い系サイトを利用して知り合った女性に対して男性がお金を払うことで成立するわけですが、逆援助はその逆なので、女性が男性に対してお金を払うことで関係が成立します。

私は旦那が稼いだお金で男に貢ぎ、私にとっての理想に限りなく近い男とのお付き合いを求めようと思いました。
もともと出会い系サイトの世界では女性のほうが立場が上だといわれますし、逆援助をするうえでお金を払うのは私なので、関係を持つ男性に対して(支払う金額にもよるでしょうが)どんなわがままな要求でも突き付けられます。

旦那には絶対要求できないような願望も、不倫相手には要求できてしまうのです。
わざわざ男性に対してお金を払ってお付き合いを求める意義は、そこにあるのだと私は思います。
男に貢いでいるのは全て旦那が稼いだお金なので、私は痛くもかゆくもありません。
むしろ痛快な気分です。
わたしはもう、旦那がいくら誤ってきても許すつもりはないので、逆援助交際というものにのめりこんでしまったいじょう、こういう関係をやめるつもりは今のところありません。
ひょっとすると旦那が我慢の限界に達して、離婚を申し出てくるかもしれませんが、それでもいいと思っています。
もともと私の怒りの原因が旦那にあることは、旦那自信もよく分かっているはずなので、もしも離婚を切り出して来たら、たっぷり慰謝料をとってやろうと思っています。
私を裏切った旦那を徹底的に痛めつけてやりたいのです。

あわせて読みたい関連記事一覧→浮気や不倫、割り切り出会いとは

続きを読む

セフレの女性と、どうやってお付き合いしていきますか?

出会い系サイトを利用して女性と知り合い、その人とセフレとしての関係を持ったのはいいけれど、セフレの関係って意外と距離がとりにくいというふうに感じている人がいるかもしれません。
セフレは恋人と同じようなものだとか、愛さえあれば、セフレという呼び方だろうが恋人同士としての関係だろうがそんなことは関係ないという人がいますが、実際のところはそんなふうに柔軟な考え方はできないという人が大勢いると思うのです。

私もそうですね、セフレという人間関係をどんな風に考えたらいいのかわからないというのがあって……じゃあ初めからそんな人間関係を求めなければいいじゃないかって思うわけですけど、わたしだって出会い系サイトを利用し始めたころから、セフレという人間関係がどのようなものなのかというふうに考えていたわけではありません。
ちょっと思っていたのとは違いましたね。

だってセフレって言ったら、いつでも自分が性的な欲求不満を感じた時に、それを解消してくれるためのパートナーだという解釈があるじゃないですか。
少なくとも表向きはそんな感じだと私も思います。
私もいざというときのために性的な欲求不満をある程度解消してもらうためのパートナーを探すというくらいのつもりで出会い系サイトを利用したんです。

でも、セフレという人間関係ってそれほど自由になる問題ではないんですよね。
セフレとの出会いを実現して関係を続けていこうと思ったら、けっこう制約も多いんですよ。
第一、セフレとして知り合う女性がみんな独身とは限らないですし。
人妻をセフレとして迎える場合などは、当然のことながら、人妻とセフレとしての契約を結ぶ中で、旦那さんには絶対に見つからないことという絶対条件があると思います。

当然、セフレとしての関係だからといって、いつでもどこでもセフレと会えるということは無いのです。
セフレとしての関係を続けるためには、旦那さんの目を盗まないといけません。
例えば二人でこっそりデートをするときにも、必ずウソの口実が必要になるわけですよ。
一回や二回だったら別旦那さんをだますこともそんなに難しくないかもしれませんが、自分の奥さんが頻繁に家を空けるということになったらこれは何かあるというに疑うのが自然でしょう。
もし妻が頻繁に外出しているのにそのことをあまり気に留めないという旦那さんがいたら、よほど人間としてよくできた旦那さんか、あるいは自分の妻のことにあまり興味がなくて、自分もすでに浮気しているとかの理由で、自分の妻が頻繁に外出していても気に求めないという感じなのでしょう。

私が一人目に知り合ったセフレは人妻でした。
別に、セフレとしてのお付き合いを望むんだったら、相手の女性は人妻がいいという言葉を真に受けたわけではないですが、実際に人妻が特に若い男性との関係を目指して出会い系サイトを利用しているというケースはあるようです。

そういう人妻って、若い男性に振り向いてほしいという理由から、わざと自分の年齢をごまかしたり、女子大生の振りをしたりといろいろなことをやっているようです。
やっぱり年齢の問題とか容姿の問題というのは、世間の男性たちが考えるよりもよほど大きな問題だと思うんですよね。

いくつになっても若い男性に振り向いてほしいという気持ちは誰にだってあるでしょう。
だから自分の年齢や立場をごまかすわけです。
でもくれぐれも忘れてほしくないのは、人妻の気まぐれ(気まぐれは失礼かもしれませんので願望といっておきましょうか)によって騙されてしまった男性は、自分は女子大生と知り合えたつもりでずっといながら、実はその女性が女子大生ではなくて人妻だったという究極のミスマッチを経験することになってしまうのです。

女子大生が実は人妻だったということがわかって、別に其れでもいいやというふうに思える人もいるかもしれないのですが、やはり私の場合は騙されてしまった感の悔しさが大きかったです。
女子大生と知り合って、セフレとしてではなくきちんと恋人同士としてのお付き合いがしたいというのが私の考えでした。
でも相手の女性が女子大生ではなく人妻だということがわかって、しかも相手の女性が自分とは恋人同士の関係ではなくセフレとしての関係を望んでいる。
当然のことながら旦那さんにはばれてはいけない。
そんな状況かで二人がどこかに出かけてセックスするなんてことが可能なのか。

結論から言えば、一人目のセフレとの関係はあまり長続きしませんでした。
やっぱり旦那がいる奥さんとの関係は、どう頑張っても長続きしないんです。
一度きりならまだしも、ふりん相手が愛し合っている人である以上、旦那さんの目を盗んで何度も会わなければいけないということになります。
そういう生活はかなり難しいんですよ。
始めてセフレとの関係を持った時にそのことはよくわかったので、次からはちょっとだけ考え方を変えることにしました。

出会い系サイトを利用してセフレを募集するということは変わらないのですが、今度は未婚の女性を探して関係を持つことにしたんです。
セフレを募集するというつもりではありましたが、良好な関係を築けるなら、あわよくば恋人同士の関係でも悪くないかなって、そういうつもりでした。

そして今実際に私たちは、恋人同士といえる関係になっています。

せふれGETの王道はコチラ→せふれ掲示板

続きを読む

映画のシーンが急進展したかのような感じだった

オオー待ちに待ったその時がついに到来!!俺の愚息は既にビンビン状態だった。。私はめまいがするほどの興奮を覚え、遂には目の前で犯されている妻を見ながらオナニーを始めました。こみゅしょーになります。私は慌てて彼の上からどこうとしましたが、彼はがっちりと私の腰を捕らえた上に、アナルに根元まで指を挿入して直腸内部を掻き回したまま最後の一絞りまで私の中に注ぎ込んできました。そしたらSはこう返してきた。?鬼畜男に堕とされた私の妻・・2/2(会社員の告白)長文しかし、男は全く動じる事なく「寂しいなぁ…この間は、あんなに丁寧にしゃぶってくれたのにさぁ」そう言ったのでした。オイルをかけ終えると、彼は両手で私の胸を円を描くように揉みはじめました。クリトリスから膣まで順々に舐められて思わず声が出てきます。「止めてください」と連呼する彼女を無視して、俺はビデオを巻き戻し最初から再生してて嫌がる彼女に見せつけ言葉攻撃した。「あーっカカオトーク 電話番号そ、そうよ。女も声を上げて俺に抱きついて足を巻きつけて感じていたが、やがて薄目を開けて「え?」と小さな声をあげた。反り返る男根を突き出しソファに浅く座り足を広げた彼の前に膝間つくとゆっくりとフェラを始めた。ちょっとしゃぶってよ。一回入れただけの指はあやの愛液ですでにぬるぬるに光っています。奈緒も履歴書と交尾終わったし寝よ。制服を抱きしめる。何でも昔は本職だったらしいです。2人とも私を裸にするとベッドに仰向けに寝かせ、20代女性は私の腰の跨り、勝手にペニスを挿入、40代女性は私の顔に跨り、股間を私の口に押し付けて来るんです。違う2つの味の快感が私を襲います。友人A♂と同じ夜勤で、休憩時間が重なったので普段なら仮眠するのだけれど、別れた彼氏についての相談でこっそり同じ仮眠室へ。チンポはビンビンでものすごく丁寧に舐めてくれました。うっすらと目を開けた彼女は、掴んだ俺のもの見つめながら「早くこれを挿れて・・・。幹事の女はかなりグッタリ。そこで出会ったのが俺の初めてを持って行くことになる相手、仮名シャーリーとしよう。その浜辺は、ナンパ目的の男が多くいるので有名で、私たちも着いてすぐに数人のグループに誘われました。顔が熱くなってきちゃって、頭の中は混乱状態。肩より少し長い黒髪にほとんど化粧気がない。ああああああ。華奢な身体に似合わず、彼のはけっこう大きくて、熱くなってる私のあそこに当てられたときそれだけでかなり感じてしまいました。そして、大股開きの私の両脚を、男子の先輩が下から抱えて更に持ち上げるようにして覆いかぶさってきました。「親族だけでやるのですが、課長にはぜひ出てほしいって、雅美がいうものですから」「ああ、それはわかったが、独身の長かったおまえがなあ、彼女となあ」「じつは、できちゃったんですよ」「できた?」「ええ、一ヶ月だそうです」「一ヶ月というと?」「実は、引っ越しの夜、したら、それが大当たりで」「そうかあ、でかした。「いっ、うにゃ?!」訳のわからない声で返事する俺。「お兄ちゃんと一緒にしないでよ〜」なんて他愛も無い会話をしていた。処女じゃないけど、キツイキツイ。朝になったようなので、女を起こし、店を出た。其処には何と・・・・、いわゆる洋服を着た「ダッチワイフ」が2体も置いてあり、他にもオナニーマシーンが5,6個あるのです。今回は、相手もその気で来てたし、俺の軽いノリが功を奏したのか、すぐにオッケーが出た。美人は黙っている。乳首を舐めたり吸ったりしながら腰を振ると、「あー、すごい。パンティーとパンストを片方だけ脱がせてオメコを見ると、手入れをしてないせいかケツの穴のまわりまで陰毛が生えてました。しばらくその状態が続き、のぼせてきそうだったのでベットに移動した。キスをしながらゆきの吐息が苦しそうなくらい荒々しくなる。そしてシャワーを浴びてベッドに戻ってから、ベッドの上で仁王立ちになって「チンボ舐めろチンボ」と言って、ナツキの鼻の穴にチンボをグイッと押し付けてやった。金かかるので、おれも協力して資金集めてる事の一環での引っ越しなのに、何をしているのかと。彼女がアパートの玄関で振り返る。このあたりからやっと緊張がほぐれてきた様子。ただ、程度によるでしょう。でも、歪んだ欲求に負けてしまったんです。正常位で挿入する。そして、出そうになったとき。会社員ですがこれとは別に現在某アダルトサイトにて、ハメ撮り男優をやってます。彼とはもうしばらくは時々会いたいと思ってます。先輩のHの後だからか、全く気持ちよくなかったんですけど、その時のHと同じことをした時はスゴく気持ちよかったです。ビデオカメラには、マイケルが、緊張している妻のタンクトップ、パンティをゆっくりと脱がしている場面が映っています。」「ああ見えてあいつ、Mらしいんすよ。部屋に2人きりになった時点でそうなることは期待してたはずなのに、俺にとってそのキスは突然の出来事であり、映画のシーンが急進展したかのような感じだった。

続きを読む

テレクラサイトはテレフォンセックス、セフレ不倫探しに最適

まずは何が目的でhttp://www.trekurajapon.com/を利用するのかを考え、その答えによってテレクラサイトの特徴から自分に合ったテレクラサイトを見つけていきましょう。
自分好みのテレクラサイトを探すのは簡単のようで実はこれが中々難しく、テレクラサイトはかなり沢山あるのでひとつに絞るのが難しいんです。ですが自分がどんな出会いを望んでいるかによって考えていけば、どのテレクラサイトに絞ったほうが一番出会いを掴みやすいかがすぐに見えてくるので、自分に合ったテレクラサイトをすぐに見つける事もできるでしょう。

テレフォンセックスやセフレとの出会い

テレクラサイトを利用している人の8割はエッチな出会いを求めている人が多いので、もちろんテレフォンセックスやセフレ探しにおいてもかなり役立つのがテレラクサイトです。
テレクラサイト自体もテレフォンセックスやセフレを探せると言った内容でアピールしている事が多いので、自分に合ったテレクラサイトを見つけたい時にはそのような広告を重視して探してみると、沢山あるテレクラサイトの中からいくつかに絞って見る事もできます。

テレフォンセックスやセフレ等といったセックスOKの出会いを求める時、実際に会ってすぐセックスをする時もありますが、テレフォンセックスに至ってはその場限りの電話だけの出会いで終わる事もあるので、こればかりは本当に会えるかどうかを期待する事ができませんが、テレフォンセックスの相性や盛り上がり方次第では実際に会ってセックスができる可能性も生まれてくるし、もしかするとセフレになって欲しいなんてお願いされる事もあるかもしれないのでテレフォンセックスにおいても力を十分に発揮するようにすると自分が求めているような出会いの方向に向いていく事もあります。

大人の関係でいられる不倫相手を探したい

不倫は結婚していてもしていなくても一度経験するとハマる人も結構多くて、とくに女性においては20代のうちに不倫を経験してみたいと思っている人がとても多いらしいですよ。
これを聞いて驚く男性もいるかと思いますが、若い女性と不倫ができるなら是非してみたいと思うのが正直な気持ちでしょう。

もちろんそんな出会いもテレクラサイトで探す事ができるので、不倫をメインにしているテレクラサイトを探すと沢山の女性が在籍していると思うのでまずは好みのタイプから連絡を取り合って見て下さい。

大人の関係で交際をする事ができる不倫だからこそ、割り切った交際ができるし、将来的に男性がストーカー化するリスクも低いと言う点からも若い女性から不倫が好まれいてる理由でもあるようです。
なので男性も大人の関係の不倫であると言う事を忘れずに、間違っても「結婚」なんて二文字を考えないようして下さい。

テレクラサイトにも合う合わないの個人差があるので、自分がどんな出会いを求めているかによってテレクラサイトを選ぶようにしましょう。

テレクラサイトで真剣な出会いを探すのは少し難しいですが、真剣な遊びの出会いを探す事はできるので、例えばセフレとしてきちんと割り切った真剣な出会いを探す、と言ったように割り切った関係を探す事ができるのもテレクラサイトだからこそなのです。

続きを読む

セフレとの出会いを求めるということ

セフレとの出会いを求めるということは、現状に満足できていないということなのでしょうか。たまにそういうことを考えます。若いころには、まさか私が結婚して、さらに三十も手前になってからセフレとの出会いを求めるようになるなんて、全く想像さえできませんでした。
おまけに、若いころの自分だったら、たぶんセフレとの出会いとかそういうものに対して、激しい嫌悪感を持ったと思うのですが、セフレとの出会いを自分に求めるようになってからは、嫌悪感よりも欲求不満のほうを強く感じるようになりました。
つまり、ちょっとでもセックスできない日が長く続くと、それだけでもう体が男の体を欲しがるのです。
自分ではどうしようもないことです。

私は、自分でいうのもなんですが、容姿にはそれなりの自信を持っています。
そのせいかどうかはわかりませんが、男性とお付き合いして結婚するところまでは、あんまり苦労しませんでした。
同姓からねたまれたこともあったように思います。
でも私は、あまり同姓にどう思われようと気にするタイプではありません。
そもそも、人の目を気にしすぎるとうまく生きていくことが難しいと考えていました。
とにかく、幸せになりたくて、自分にとって、幸せになるために必要なものっていったい何だろうということを、いろいろと考えました。

私は、人と違って何か個性を持っているわけでもなければ、秀でた才能があったわけでもありません。
それが自分で分かっていたからこそ、やっぱり自分が幸せになるための一番の方法は、好きな人と結婚することだろうというふうに考えていました。
私はその好きな人、という存在にものすごくこだわりました。
高望みをしまくったんです、恋愛に関する考え方は人それぞれ違って当然だと思いますが、私は特に、出会いをあせっているわけではなかったので、いついつまでに絶対結婚しようとか、そういうふうに考えたことはありません。

自分の仕事もそれなりに好きでしたし、現状には大きな不満もなく、焦って結婚して後で後悔するくらいだったら、少しくらい高望みしてでも思いっきり悩みながら相手を選ぼうと思ったんです。

けっきょく私は、とある男性と結婚しました。
今の時代はとにかく出会いがないといいます。
結婚や子育てを希望している人がそもそも減っていて、さらに、結婚をすれば幸せになれるという価値観が当たり前ではなくなっていることもあって、出会いを求めること自体が難しくなっているのです。
それは十分に分かっていました。
私の周りにも、結婚や子育てをもちろんしたいんだけれど、なかなかチャンスがないというふうに嘆いている人が大勢いました。

そして、反感を買いたくはないのですが、そんな状況でも私はそれほど苦労せずに結婚相手を見つけることができました。
それなりに高望みしたにもかかわらず、私の高い理想を実現するような男性と本当に出会うことができたのです。
いやな女だと思われるでしょうが、やはり私の場合は容姿でちょっとくらい得をしたのかなと思います。
人の価値は見た目だけでは絶対に決まらないとわかっていますが、それでもやっぱり、見た目が相手に与える印象って大きいのではないかなと思います。

それで、結婚した私が幸せになれたのかというと、必ずしもそうではないような気がします。
現に今の私は、ちょくちょく出会い系サイトを利用しては、セフレとの出会いを求めているのです。
最初のうちは、そういう行為をすることについて、旦那にも罪悪感を感じていたのですが、いまではそういう感情さえなくなって、日々の憂さ晴らしをするためだったら、出会い系サイトを利用してセフレとの出会いを求めることくらいだったら十分に許容範囲であると考えるようになったのです。

日々の憂さ晴らしが必要なのは誰だって同じだろうと思います。
人生が幸せな出来事ばかりではないというのは、もうみんなわかっていて、わざわざここで書く必要もないことです。

でも、結婚している女が出会い系サイトを利用してセフレとの出会いを求めるということはつまり、現在の生活に満足ができていないということの中でも、やはり性生活(つまり夫婦の営みについて)満足できていないということでしょうか。
それは本当に致命的なことだと思うのです。

すくなくとも、結婚する前に私がなんとなく持っていた、恋人同士のイメージというのは、体の相性が良いか悪いかというのは非常に重要で、これがうまくいかなかったら夫婦の関係もうまくいかないだろうというイメージがありました。
そしてそれは結婚している今も変わらないことです。

でも、私たち夫婦の関係が、セックスの相性だけが原因で冷え切っているのかといえば、必ずしもそれだけが原因ではないように思われるのです。
これも世間的にはよく言われることで、私たち夫婦には他人事だと思っていたのですが(若い夫婦はたいてい同じようなことを思うみたいですね)愛し合って結婚した者同士であっても、結婚後にそれまではわからなかったお互いの欠点が明らかになったりして、夫婦の関係がうまくいかなくなるという例はよくあるみたいですね。

私たちの場合もそうでした、といっても、相手に対して不満を持っているのが私だけで、旦那のほうは特に何も思っていないという可能性はもちろんあるんですけど。
でも、私がそもそも旦那に対して不満を感じ始めたのは、旦那が浮気をしているのではないかという疑いですので、旦那のほうも結局は私に不満を持っていたのでしょう。

直接的に旦那を追求することはしなかったのですが、私が旦那の浮気を疑い始めてから、旦那の態度もなんだかよそよそしく感じられるようになって、そんなんですから当然夫婦の営みというものもなくなります。
欲求不満を感じているのはお互いさまでしょうが、私はとにかく出会い系サイトを利用してセフレとの出会いを求めることにしました。
今の時代は出会い系サイトというものがあるので、欲求不満の解消が割と簡単にできてしまうんですね。

ALLジャンルの出会いが期待できる最新アプリ情報→出会いアプリ 人妻

続きを読む

不幸せな結婚生活を続けるよりは、刺激的な不倫で燃えたい

不幸せな結婚生活を続けるよりは、刺激的な不倫で燃えたい。私はこのように考えて不倫サイトを利用し始めました。出会い系サイトというのは本当に便利なサイトで、得に優良なサイトだったら男女ともに会員数が多く、その比率も安定しているので(サイトによっては、実は女性の会員数のほうが多いところもあるくらいです)おそらくどんな出会い系サイトユーザーにとっても、それぞれが望むような出会いのチャンスがあるはずです。

もちろん、不倫だって出会い系サイトを利用すれば可能です。
不倫が世間的に褒められた行為ではないことくらいわかっていましたし、若いころの私は、不倫とかそういうものを毛嫌いしていました。
私は何があっても絶対に、たった一人の運命の人と出会って結婚し、その人と一生を添い遂げるのだというふうに決めていました。

私だけではなく、女性なら(特に若い女性だったら)たいていはそのように考えると思います。
不倫なんて「不潔」という一言で一蹴してしまう感じですよね。

まさか私が結婚してから不倫を経験するだなんて、昔の自分(特に高校生の頃の自分が知ったらなんというでしょうか。
自分に絶望してしまい、たえきれなるのではないでしょうか。
でも、私は結構ナルシストなところがあり、結局は自分が大好き、自分が決めたことだったらすべてが正しいと思い込む節があるので、未来の自分が不倫をするとわかったらそれはそれで納得するのかもしれません。

こんなことを考えても意味がないのです。
私はすでに出会い系サイトを利用して不倫したわけですから。
それも、最初の頃は本のお遊び程度という気分で、ちょっと憂さ晴らしをして気がすんだらすぐにでも出会い系サイトをやめて、もう二度と利用しないつもりでした。

でも、個人的な性格の問題もあるのでしょうが、出会い系サイトというものをいったん利用し始めると、本当にどっぷりつかってしまって、抜け出せなくなったのです。
私は結婚して旦那がいる身分ですが、彼との関係はあまりうまくいっていません。
あまりうまくいっていないというより、完全に冷え切っていると表現したほうが正しいくらいです。

不倫にはいろいろなパターンがあります。
男女のカップルがともに幸せを感じていて、経済的にも心の面でも十分に満たされているのに、どうしても人生に間がさすというか、人生に更なる刺激を求めて不倫してしまうというパターン。

この場合、男女ともに離婚の意思がないことがほとんどです。
十分に現状に満足しているけれども、それでもさらに上に刺激を求めて火遊びしてしまうというわけですから、まさしくこれは人間特有の問題といえるでしょう。
いったん贅沢をし始めると、以前の刺激がない生活では満足ができなくなってしまうのです。
これではいけない、旦那のことは(妻のことは)愛しているけど、どうしても刺激がほしいと思ってしまうと、その罪悪感すらも快楽のもとになってしまうのです。
不倫には、夫婦関係を改善する作用があるという人までいる世の中ですが、そう主張する人たちの考えはつまり、不倫をすることで発生した罪悪感により、男性であれ女性であれ、自分が本来関係を持っているパートナーと性行為をする際など、不倫をする以前よりもずっとやさしくできるようになるからだということです。

機嫌を取っておくという言い方はちょっとおかしいかもしれませんが、でも、身もふたもない言い方をするならつまりはそういうことです。
自分が不倫をしてしまったという罪悪感があるから、パートナーにはこれまで以上に優しくしておこうという心理が働くのです。

また、幸せな結婚生活を送っているけれども、どうしても不倫を続けてしまう、やめられないということで悩む男女の背景には、例えば出会い系サイトを利用して知り合った不倫相手には、本来のパートナーには要求できないような火遊びを要求できるからどうしても続けてしまうというような動機もあるようです。

特殊な性癖を持っていて、そのことを自分のパートナーには打ち明けられずに困っている人などは特に、その性癖を理解しあえるセフレや不倫相手を探して、定期的に欲求不満を解消することでストレスをなくしているようです。

特に、性的な欲求は本能的なものなので、いくら頑張って我慢し続けようとしても必ず限界が有るものなのです。
だから、例えば極端なSM趣味や両刀使いという性癖を抱えている人は、そのことを妻や旦那には打ち明けることができず、その趣味を理解しあえる同士をネット上で探すという流れです。

冗談ではなく、結婚してからもずっと隠していた性癖がばれてしまったがために、夫婦の関係がダメになってしまったという話は聞きます。
残念ながら、人間という生き物は、自分と考え方や価値観が異なる他者を完全に受け入れることはできないのです。

そういう「やむに已まれぬ事情」があって不倫をしてしまう夫婦のことは何となく理解できます。
でも私が出会い系サイトを利用し始めた動機はもっと生々しいというか、単純に旦那に対して嫌気がさしたからなのです。
夫が隠しているという場合を別にして、私たち夫婦には特殊な性癖などはありません。
そういうことが原因で夫婦の関係にひびが入ったわけではないのです。」

ただ、結婚前にはわからなかった夫の欠点が、結婚後まもなくの頃から少しずつ明らかになって、最初はお互いのためを思って我慢してきたことが、だんだんと我慢できなくなったという流れです。
特に年配の方であれば、私のことを「こらえ性のない嫁」などといって非難するかもしれません。
そのように非難されても仕方がないというふうに考えています。

でも、不幸せな結婚生活を続けるのはこれが限界だと思ったのです。
出会い系サイトを利用する目当ては人それぞれ違いますが、私の場合は初めから、欲求不満を解消するための火遊びしか考えていませんでした。
つまりはふりんですね、そして一通り遊んで気がすんだら、また元の生活に戻って、経済的な事情もあるからこそ、我慢しながら旦那と生活していこうというふうに考えていたのです。

自分自身のことを甘く見ていたというか、そんな風に上手に気持ちの切り替えができる女だと、自分では考えていたのです。
しかしそれはとんでもない勘違いでした。
一度、不倫という劇薬を手に入れてしまうと、その快楽に溺れてしまい、もう抜け出せなくなりました。

結局、私にとって性的な生活の基本は、出会い系サイトを通じて知り合った不倫相手が中心ということになりました。
今の旦那とは正直「離婚したい」と強く願っていますし、このまま不幸せな結婚生活をずっと続けていくぐらいだったら、本当にそのうち離婚してもいいかなと思うくらいですが、両親の目などもあって本当に面倒なので、今のところはまだ離婚していません。

ただ、旦那のことはもう愛していないというか、男性としてもう何とも思っていませんので、当然のことながらセックスレスです。
知ったことではありません、どうせ私が相手をしなくたって、適当に外で女でも捕まえて欲求不満を解消しているのでしょう。

続きを読む